無料カウンセリング予約・相談
年中無休9:00~21:00

無料カウンセリング予約・相談

AGA治療について

オリジナル発毛薬の効果

自分の髪じゃなければ意味がない

薄毛を人工的に隠すのは簡単です。でも、それでは根本的な解決にはなりません。それどころか、別の大きなストレスを抱えることになってしまうこともあります。薄毛改善は自分の髪じゃないと意味がないんです。

25歳ではじまった「薄毛との闘い」

25歳の時に髪が薄くなり始めているのではないかと気付きました。それから13年、薄毛と闘いながら生きてきました。薄毛の原因は、父の遺伝だと思います。

25歳と言えば、恋愛を楽しんだり、見た目を気にしたりと人の目を気にする年齢です。当時の僕は、薄毛のことをからかわれても、薄ら笑いを浮かべるのが精一杯。これは、髪が薄くなった人でないと分からない気持ちだと思います。実際は泣きたい思いでいっぱいなのに、笑うしかない辛さはもう二度と味わいたくありません。
恋愛にも積極的になれませんでした。スポーツをしたくても外に出たくありませんでした。周りはただの冗談のつもりでも、笑われた本人は頭の中でずっと消えない悲しみなのです。幸い今は薄毛を克服することができましたが、心の傷はえることはありません。

そして、僕は「医療の力でコンプレックスである少ない髪の毛を改善できないだろうか」と真剣に考えはじめ、当院のオリジナル発毛薬を使用することで遺伝性の薄毛でも発毛効果を実感することができたのです!

かつらの苦い思い出

悩みを抱えていた真っ最中の頃に有名な増毛チェーンに通っていました。最初は「育毛コース」の施術を受けていたのですが一切効果はなく、その後、1本の毛に3本の人工毛を結びつける増毛を受けました。ですが、1本が3本になるなんて思うようには行かずに、結び目は髪が伸びるにつれて上にあがっていき、ブラッシングするとクシに引っかかって逆に抜け毛が増えました。

最終的には「かつら」を使ったのですが、この頃がいちばんつらかったです。気なる異性と仲良くなっても、どうしても打ち明けることができません。「嫌われたらどうしよう・・・」とネガティブに考えてしまうんです。

かつらを使ってみて分かったのは、かつらは「周りが気を遣う」ということです。でも、かつらをしていない自分は自分ではありません。外せば、みんなびっくりしてしまいます。かつらを外すときは、本当に強い勇気が必要なんです。

当時勤めていた美容クリニックに、かつらを外して行ったことがありました。昨日までと全然違うのに、誰もそのことに触れようとしません。でも、明らかに視線は頭のほうに向いています。後に、あるスタッフから聞いたのですが、「今日は、麻生先生がかつらを着けずにくるから、決してかつらのことには触れないように」と気を遣った院長からスタッフへお達しがあったそうです。
美容クリニックということもあって、働いていたスタッフは優しい女の子ばかり。あの頃は本当につらい時期でしたが、優しいスタッフばかりだったのは何よりの救いでした。

医師紹介

医師
【経歴】
平成5年3月 藤田保健衛生大学 医学部 入学
平成11年3月 同校 同学部 卒業
平成12年10月 大阪医科大学にて研修医 修了
平成13年4月 大阪医科大学 麻酔科にて研修修了
平成13年5月 岡山大学 形成外科 医員
平成14年1月 大手美容外科 院長、診療部長を歴任後
平成16年5月 東京美容外科メンズクリニックを設立
平成23年6月 AGAスキンクリニック統括診療部長となる
平成27年4月 医療法人社団東美会 理事長となる

【海外経歴】
■ 韓国ハンリム医科大学にて形成外科研修留学。
(ソーインソック教授の元、ふくらはぎの選択的神経切断手術・スリムレッグを学ぶ。)
■ 韓国BK東洋クリニックにて美容外科留学。
(顔面輪郭骨切り手術の世界的権威であるDr.ホンのもとで 顔面骨切り手術を集中的に学ぶ。)
■ 韓国シンミアン美容外科
(鼻形成専門美容外科のチョンドンハク先生のもとで鼻中隔延長手術等、鼻形成手術について重点的に学ぶ。)
■ 中国 延世保健病院と提携。診療アドバイザーとなる。

  • 4,200円/月からの治療費
  • 発毛Dr.麻生泰のLINEスタンプ登場!全40種

無料カウンセリング予約・相談