無料カウンセリング予約・相談
年中無休9:00~21:00

無料カウンセリング予約・相談

若ハゲ治療

若はげの症状

20代くらいから始まる薄毛は、ストレスや生活習慣の乱れが原因の一つとして始まることが多く見られます。

そもそも若ハゲとは何か?

人間関係が複雑となり、社会人として新しい刺激の多い毎日と慣れない仕事や生活習慣などが始まる20代の青年にとっては、ストレスが日々溜まり、体は知らず知らずのうちに悲鳴を上げ始めます。
それでも若さがあるため、体力と気力で多くのことを乗り越えていけるため、体のSOSに気づくのが遅れがちです。
そんな体の不調は髪の毛にも大きな負担を強いています。
ストレス社会などと言われる現代社会において、若い世代での薄毛や脱毛症の症状が多く見られるのも若ハゲの原因として考えられます。
無理を続けるうちに、生活のサイクルが狂い、健康な肉体と学生時代に養った体力を知らず知らずのうちに大量消費してしまうのです。
薄毛や脱毛症と聞くと、中年男性の専売特許のようなイメージを持っている人も多くいるでしょう。実際に薄くなった毛髪の隙間から頭皮が透けて覗いていたり、おでこが広く後退したりした外見は実際の年齢よりも人を老いて見せる傾向があります。
若いうちに始まる薄毛の症状は、忙しい仕事や自由になった社会人としての生活という20代特有の環境のせいか、自分では特に意識しない限り症状に気づきにくく、進行が進んでから焦ることが多いものなのです。若ハゲはその環境ゆえ、決して珍しいことではないのです。風邪に気をつける、太り過ぎに気をつける、などと同じように早い時期から髪の毛の変化にも注意を払っておくことが、これからの人生を豊かな髪とともに過ごすための秘訣なのです。

若ハゲの症状

若ハゲの症状は、主に20代、30代の若い働き盛りの世代に始まります。若ハゲと言われる薄毛の原因とされるのは、AGAなどが考えられますが、それが早期に起こるため、若ハゲといわれます。額がいつの間にか広くなっていたり、M字を描くように両脇の生え際が後退したり、抜け毛が気になるなどの症状が見られたら、始まりのサインです。
若いうちのAGAは進行が早い例が多く、知識も満足にない状態の人が多いため、あれこれと自分で良かれと思う方法を試しているうちに悪化する傾向もあります。若いゆえに育毛にお金がかけられないために安価な方法を渡り歩いてしまうのです。
こうして放置しておいたり、デタラメなケアを続けていると、かえって毛根を痛めたり、知らぬうちに刺激の強い成分のケアを施していて、さらに抜け毛が進行することもあります。
AGAの症状で一番恐ろしいのは、毛根の中の髪を生えさせるために働く部分が死んでしまうことです。一度死んでしまった毛根からは毛髪は生えてきません。できるだけ多くの毛根が残っているうちに、この進行をいち早く食い止めることしか、方法がありません。

早期の治療が効果的

努力をしていても、抜け毛は増えてくることがあります。また、仕事や大切な付き合いなど、気をつけようにもどうにもならないこともあります。抜け毛が気になる、頭皮が目立つようになったなどという症状が少しでも出てきたら、早期の対策が必要となります。
早期の治療は多くの毛根(髪を育てる毛乳頭)のが残っているうちに発毛を始めることができますから、効果も出やすく改善のチャンスは大きくなります。若いうちは自分でのケアはおざなりになりがちですし、知識も備わっていないことも多いでしょうから、クリニックで専門家に見てもらうということも選択肢の一つに入れておくべきです。若ハゲやそれを自分で認め、治療をするのは恥ずかしいという気持ちもありますが、遅くなればなるほど、その症状は目立ち、治療は遅れます。
できれば早め早めの自己チェックと正しいケア、薄くなってからでも正しい治療をできる限り早くから始めることが髪の毛のために一番良いことなのです。

若はげ発症症例集

  • 20代の症例はこちら
  • 30代の症例はこちら

無料カウンセリング予約・相談

AGAスキンクリニック Facebookページ