無料カウンセリング予約・相談
年中無休9:00~21:00

無料カウンセリング予約・相談

AGA navi エージーエーナビ

無料カウンセリング予約・相談

若ハゲ治療

若はげの予防

若ハゲとなる原因が数多くある現代社会では、その予防が重要な課題となります。

薄毛になる要素と注意点

薄毛の原因は、遺伝からくるもともと持っている体質や、生活習慣、食事などさまざまな要素があります。どれかひとつでも当てはまれば薄くなる人もいれば、いくつかの要素が合わさって薄毛が始まる人もいます。しかし、これらの要素に当てはまるものが多くなればなるほど、可能性が高くなるのは言うまでもありません。若ハゲと呼ばれる現象は、この要素が早くから現れてしまい、さらにそれが頭皮や頭髪に結果として反映してしまった事から起こり、自分では大丈夫と信じていた人にさえ起こることがあります。
まず、遺伝的、体質的な要素は、注意しても治せるものではありませんが、自分が将来薄毛になるであろうかの判断基準になります。
この要素のある人は髪が薄くなる前に予防措置を講じたり、人よりも早く育毛を始めたりすることが重要です。
若ハゲは簡単に治ると保証できるものではありませんが、より早いうちであれば、かなりの割合で進行を食い止め、毛髪を良い状態で保つこともできるものなのです。

シャンプーの方法で若はげを予防

一番身近で誰でもやっていることですが、頭皮に優しいシャンプーの仕方やシャンプー選びは意外と効果のあることです。
薄毛の原因が頭皮にあることはわかりますが、頭皮をおざなりにしている人は多く、それは非常に勿体無いことです。まずは基本に立ち戻る、これは薄毛予防にも言えることです。
シャンプーの基本は、頭皮の汚れを落とすことです。これができれば、実は薄毛予防に関してはそれ以外の要素はなくても構いません。
シャンプーの成分は強すぎないものであれば高級品であることは必要ではなく、洗い方が一番大切なのに、知らない人が多すぎるのが現状です。

シャンプーの仕方

乾いた状態でブラッシングをしっかりします。頭皮をこすることを極度に怖がる人もいますが、ある程度の刺激はマッサージとなります。
痛みを感じるほどのものは逆効果ですが、心地よいくらいの強さでブラッシングしてマッサージとホコリを落とすことをまずは習慣付けましょう。
シャンプーを付ける前にもホコリを落とすためにシャワーは十分に浴びるようにします。ちょっと濡らすだけで済ませてはいけません。シャンプーはあらかじめ泡立てておき、余計な摩擦を避けます。
頭皮を揉むように洗うことが大切で、髪の毛を洗うというよりも頭皮の汚れを落とすものだという認識でいてください。

頭皮に良い生活を送る

規則正しい生活習慣は、体全体の調子を整えます。体がまず健康であることが薄毛予防の原点です。髪も体の一部ならば、不健康な体で髪だけ健康ということはありえません。睡眠不足、喫煙の習慣は体と髪の敵です。女性ならすぐにピンとくるでしょうが、寝不足の時には肌の調子が悪いはずです。頭皮も肌の一部ですから、こうした悪い習慣は悪い影響を及ぼします。ストレスは精神的にも体にも極度の緊張を強いるため、血行不良を起こす元となります。
血行が滞ることで栄養分が髪に届きにくくなります。ストレスから完全に解放されることは現代社会では不可能でしょうから、少なくともリラックスできる時間を設けたり、ストレスを解消したりできる自分なりの趣味や方法を見つけることが大切で、ストレスとうまく付き合えるよう心がけていきましょう。

生活習慣を見直す

生活習慣や食事は、現代社会がもたらした薄毛の原因とも言えるでしょう。
職場では仕事が山積み、若い社員は遅くまで仕事をすることが求められることが多く、ストレスが溜まります。
また肉中心の食生活が増えて、血管にコレステロールが溜まりやすくなります。夜遊びのスポットも至るところに有り、誘惑も増えました。
これらの現代社会の生活環境を出来る範囲で少しづつ、改善していく事で発毛・育毛にも効果を発していくでしょう。
もちろん、生活環境の改善したからと言って、即効性があるわけではありませんが、長い目で見たときに歴然とした結果に驚くことになります。
飲みに行く機会をほんの一回減らして早く寝るといった小さなことからでも始めることが大切です。

若はげ発症症例集

  • 20代の症例はこちら
  • 30代の症例はこちら

無料カウンセリング予約・相談