無料カウンセリング予約・相談
年中無休9:00~21:00

AGA navi エージーエーナビ

無料カウンセリング予約・相談

若ハゲ治療

若はげの対策

間違ったケアは体にも髪にも決して良い影響を与えることはありません。

若ハゲのセルフケア

若ハゲというのは、大変辛いことです。精神的にも大きなダメージを受ける人は多いようですし、ことAGA(男性型脱毛症)に至っては、若い男性の方が、進行も早く、知識の乏しい状態で戦わなくてはならず、苦戦を強いられているようです。
自分で行うセルフケアは、若者らしくインターネットや口コミ中心で、中には効果のあるものもありますが、ほとんどは玉石混交でどれを採用するかによってもその後の毛髪の行く末に不安を覚えます。若いからといって、間違えが許されるのは限られた範囲のみです。薄毛の治療やケアに関してはその後何十年といった人生を左右しかねないことですし、早期に正しいケアをすることはとても大切なことなのです。

間違った対策

若い頃の脱毛症や薄毛は、知識が少ないがゆえの対策の間違いという危険性によってさらに深刻な事態となる可能性があります。
間違った対策には、やってもやらなくても変わらない対策と、やればやるほど悪化させる対策の2種類があります。
後者はもちろんですが、前者も時間の無駄、手間やお金の無駄です。

無駄な薄毛対策

育毛剤やサプリメントを薄毛対策に取り入れることは、基本的には間違ってはいません。しかし、効くかどうかわからないままに使うのは、大きな無駄につながります。クリニックや医師の診断の結果、これが必要ですと言われたら、安心して使い始められますし、効果が停滞した時も「今はこういう時期だから、我慢」と根気を保つことが出来るかもしれません。
しかし、あやふやな情報をもとにして買ったものや医師の処方のない海外のサプリメントを選択すると、効果がなければすぐに不安になりますし、続けることにすら不安を覚えます。もし効果があったとしても、それに気づかずにやめてしまうことさえあるとしたら、単なる無駄に終わってしまいます。

やってはいけない薄毛対策

頭皮や人間の体は、総合的なバランスの上で成り立っています。それを無理やりなんとかしようとすると、対策どころか悪い影響すら与えかねないことを認識しておく必要があります。例えば、頭皮のマッサージは血行促進に良いことですが、無理やり強く押したり、頭皮をこすったりするとその周辺の血管や毛根を傷めることになります。
髪に良いと言われるワカメや海藻を摂取するのもいいことですが、偏った食事によって頭皮まで必要な栄養分を届けられないこともありますので、自身で情報を収集してセルフケアをするという事は若ハゲにはマイナスに繋がる可能性もあり、注意すべきです。

専門クリニックでの治療の効果

偏った知識による自己ケアは、時には薄毛の進行を早めることにさえもなります。正しい知識を得にくい若い世代の人達は、専門のクリニックできちんとしたケアを受けることも考えたほうが良いでしょう。
クリニックでは、育毛剤の処方から生活習慣のアドバイスなどもやってくれます。総合的に薄毛に関する知識も得られて、バランスの良い治療と安心があるため、一人で悪戦苦闘するよりもはるかに効果が出やすいです。
一時的な費用は確かに自己ケアよりもかかりますが、効くかどうかわからないものに費やすよりは、より確かな技術に頼るほうが、精神的にも安定して余計なストレスという薄毛の原因をひとつ減らせるという副産物も得る事が出来るのです。
もしも良くないケア方法を選んでいたとしたら、改善するのは早いに越したことはありません。脱毛症は運や努力では治らないものであるため、自分自身で高い意識を持って治療に取り組まなくてはならないのです。

若はげ発症症例集

  • 20代の症例はこちら
  • 30代の症例はこちら

無料カウンセリング予約・相談