無料カウンセリング予約・相談
年中無休9:00~21:00

AGA navi エージーエーナビ

無料カウンセリング予約・相談

薄毛とは

薄毛と肥満の関係

薄毛の改善に必要なこと

薄毛に悩む人々の中には、育毛シャンプーや育毛剤などの利用によって改善を試みている人は多いでしょう。
しかし、なかなか効果が出にくいと言う場合には、それだけではなく他の対策を練る必要があるかも知れません。
育毛シャンプーや育毛剤は頭皮の汚れの洗浄や栄養分の強化をして、頭皮から毛髪を生えやすく改善しますが、頭皮だけを整えても髪の毛を成長させる毛根が不健康では意味がありません。
また、毛根の成長と健康に、必要不可欠な栄養分を毛根に送るのは他でもない体中を巡る血管です。
このように薄毛を改善するには、頭皮にばかり気を取られているのではなく、実は体全体を見つめ直すことが重要なのです。

薄毛と肥満の関係

薄毛の直接の原因とは言い切れませんが、薄毛の方の中にはメタボリックシンドロームを医師から指摘されたり、肥満に悩んだりしている人が少なくありません。
特に若い独身者からすると、どちらも異性を意識した上で好ましくない状態ですが、それ以上に肥満やそれを作り上げた環境が頭髪や頭皮に悪影響を与え、薄毛の一因となっている事も認識しなければいけません。

肥満やメタボリックシンドロームは運動を怠り食生活が乱れ、バランスの良くない食事を摂ることから始まります。
不規則な生活と添加物や脂分の多い外食や買い食いによって脂肪が増え、運動不足や不規則な生活リズムにより余分なカロリーを消費できずに、日々とともに脂肪は体の中に蓄積されていきます。
脂肪を多く蓄えた状態を放置しておくと、頭皮から多くの皮脂が分泌され、毛穴を詰まりやすくし、皮脂によって汚れも溜まりやすくなります。
また血管にコレステロールが溜まることで、そこを流れる血流も悪くなるのです。
肥満の人が血圧が高いのはこのためですが、血流が悪い状態が続くことで毛根へ栄養分を運ぶ量も減ってしまい、毛髪を成長させるためのパワーを得ることができなくなってしまいます。
このような体の状態では、頭皮にのみ気を遣っていても、薄毛の改善が進まないことがあります。
薄毛の原因も肥満の原因も同じ所に端を発しているため、どちらかだけを直接治そうとしても、根本的な解決とはならずうまくはいかないのは当然です。

薄毛と肥満の医学的根拠

肥満と薄毛には大きな関係があるとされていますが、医学的には直接の関係性は証明されていません。
薄毛も肥満も、それぞれ生活習慣が原因で起こるものでもありますので、治療法や改善のアプローチに似たものはありますが、結果論に過ぎません。

また、薄毛に関しては生活習慣が原因の場合もありますが、男性型脱毛症などホルモンによって起こる症状や遺伝に起因するものなどもあり、
一概に肥満を解消したからといって薄毛に効果が有るわけではなく、医師による専門的な治療が必要となります。

但し、直接的な関連性はないとしても、肥満を解消して血管から栄養分を送りやすくすることは、健康な頭皮と毛根のために大切なことであり、
薄毛の改善にも繋がる為、肥満も改善したほうが良いのは言うまでもありません。

近年では痩せているよりも太っている方が長生きするなどと言われているものの、やはり過度な肥満は問題です。
内臓に負担を与え、さまざまな病気の原因にもなりますし、生活がだらしない印象さえ与えかねない肥満は薄毛の予防のためだけはでなくとも、改善する意義はありそうです。

 

 

無料カウンセリング予約・相談