無料カウンセリング予約・相談
年中無休9:00~21:00

無料カウンセリング予約・相談

薄毛とは

卵を食べると薄毛になるって本当?

私たちにとって、最も身近なタンパク源である食べ物が「卵」です。朝食に、生卵を食べるという人も多いかと思われます。
しかし、生卵を食べ過ぎてしまうと薄毛や抜け毛の原因になりうることがあります。
今回は生卵と薄毛の関係についてご紹介します。

なぜ卵を食べると薄毛になるのか?

卵に含まれるアビジンという成分が、脱毛に繋がる可能性があるとされています。

 

アビジンとは、生卵の白身に含まれるたんぱく質のこと。
これを多く摂取すると、もともと体内に存在する育毛を促進する物質ビオチンと結合します。
すると、ビオチンの育毛を促進する力が失われてしまうと言われています。

 

黄身と白身を一緒に食べると、せっかくの育毛に効果的なビオチンがアビジンによって吸収されなくなります。
そのため、薄毛につながってしまうのです。

薄毛にならないようにするにはどうしたらよいの?

卵はとても身近な食材です。
白身の食べすぎが脱毛の原因となるのであれば、卵かけご飯や牛丼の生卵も、気を付けないといけないことに・・・。

 

ですが、白身を加熱すれば問題ありません。アビジンは熱に弱く加熱すると、アビジンとビオチンは結合しません。
したがって、ゆで卵や目玉焼きを食べれば、薄毛になる心配はないのです。

 

最近抜け毛が気になる方は、生卵を食べ過ぎてないか、日々の食生活を振り返ってみてはいかがでしょうか?

無料カウンセリング予約・相談