無料カウンセリング予約・相談
年中無休9:00~21:00

AGA navi エージーエーナビ

無料カウンセリング予約・相談

薄毛とは

朝シャンは抜け毛の原因?

朝に洗髪して、サッパリとした気持ちで1日を始められる「朝シャン」。習慣として毎日やっている方もいらっしゃると思いますが、朝シャンには「AGA(薄毛)の原因になる」という噂があるのです。

朝シャンが薄毛の原因になる可能性とは?

朝シャンは、必ずしも「抜け毛につながる」と断言できるものではありません。しかし、さまざまな理由から抜け毛・薄毛・はげへと繋がる可能性は考えられます。

◎理由1 朝シャンすると、頭皮を保護する皮脂が失われる
頭皮の脂は、紫外線や有害物質から頭皮を守る保護膜のような働きをしています。シャンプーするとその保護膜がなくなってしまい、皮脂が行き渡るまでにしばらく待たなくてはいけません。

夜の洗髪であれば、寝ている間に皮脂が取り戻されます。しかし朝の洗髪では皮脂が取り戻される前に活動を始めてしまうため、頭皮が紫外線などの影響をダイレクトに受けてしまうのです。また、皮脂を落とすことで保湿・保温もされにくくなりますから、頭皮の乾きや冷えを招き、毛根の健康状態が悪化することも考えられます。

◎理由2 朝シャンすると、夜の洗髪をしてもしなくても微妙な結果に
朝シャンした場合、夜の洗髪をしてもしなくても、何らかのデメリットが考えられます。

まず、夜にもシャンプーを行う場合。この場合は、1日に2回シャンプーすることになりますから、「皮脂の落としすぎ」になってしまいます。頭皮の保護膜が張られている時間が少なくなり、有害物質の影響を受けやすくなるほか、乾き・冷えを招き、抜け毛・薄毛・はげへと繋がることもあるのです。

一方、夜にシャンプーを行わない場合には、発毛が阻害される可能性があります。髪の毛が育つと言われている時間帯は、夜10時から深夜2時。夜に洗髪をしないとこの時間帯の毛根に皮脂が詰まってしまっているため、発毛しにくくなるかもしれません。

このように、朝シャンをしてしまうと、夜に洗髪をしてもしなくても髪の毛の悩みを招く恐れがあるのです。

洗髪は1日1回、夜に行うのが効果的

髪の毛を手入れするうえで、シャンプーすることはとても大切です。日常生活では排気ガスやタバコの煙、その他のホコリなど、さまざまな物質が髪・頭皮に付着しますから、汚れをしっかりと落とすことは育毛・発毛、抜け毛予防を考えるうえでも重要です。しかし、朝シャンは上記のように、サッパリはするもののさまざまなデメリットを持っています。

日常生活での最適なヘアケア方法は、「1日1回、夜に髪を洗う」こと。髪の毛のことでお悩みなら、洗髪タイミングにも気をつけたいところですね。ただ、すでに進行しつつあるAGAの対処には、病院の診療を受けるのが一番の近道。AGA治療を行っている医院を探して訪ねてみるのも、ひとつの手かもしれません。

無料カウンセリング予約・相談