無料カウンセリング予約・相談
年中無休9:00~21:00

無料カウンセリング予約・相談

薄毛とは

体毛が濃い人は薄毛になりやすいってホント?

「体毛が濃い人はハゲやすい・・・・」まことしやかに囁かれているこのウワサ。「自分もいずれハゲてしまうんだろうか?」と髪の毛の悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。果たしてこのウワサ、本当なのでしょうか?

このウワサの「根拠」とは?

体毛の濃い人がなぜ「ハゲやすい」と思われているかというと……
・体毛の濃い人は男性ホルモンが多い
・男性ホルモンの多い人はハゲやすい
という2点が根拠になっているようです。

しかし実際には、そこまで単純ではありません。体毛が濃いからと言って、一概に「ハゲやすい」とは言い切れないのです。以下で、詳しく説明していきます。

◎体毛の濃い人は本当に男性ホルモンが多い?
体毛は、男性ホルモンの影響を受けて発毛します。となれば、「体毛の濃い人はそれだけ男性ホルモンが多いのでは?」と考えてしまいがちですが、実はそうとも限りません。たとえ男性ホルモンの量が人並みでも、男性ホルモンの影響を受けやすい体質であれば、体毛が濃くなることがあるのです。ですから、体毛が濃いからと言って男性ホルモンが多いとは断言できません。

◎男性ホルモンの多い人はハゲやすい?
AGAは、男性ホルモンが酵素によって悪玉ホルモンへと変換され、その悪玉ホルモンが毛乳頭にある受容体と結合することで進行します。ですから、男性ホルモンが多ければ、それだけ抜け毛が増えやすいと考えられがちです。

しかし、より重要なのは男性ホルモンの量よりもむしろ毛乳頭の受容体の感度です。「受容体が悪玉ホルモンとどれだけ結合しやすいか」によって、AGAの進行度は大きく変わってきます。受容体の性質次第では、男性ホルモンが多くてもハゲにくい体質になることも考えられるのです。

まとめ

体毛の濃い・薄いが、男性ホルモンの多い・少ないと必ずしも一致しないことはご説明した通りです。そして、もし仮に男性ホルモンが多いことによって体毛が濃くなっていたとしても、AGAが発症するかどうかは「受容体の感度」に左右されます。ですから、「体毛が濃いと薄毛になりやすい」というウワサは、必ずしも正しいものではないということが言えるでしょう。

薄毛の原因には、生活習慣や栄養バランス、ストレスなどさまざまなものが考えられます。薄毛・育毛のことでお悩みの場合には、AGA治療を行っている病院で相談してみるのもひとつの手かもしれません。

無料カウンセリング予約・相談