無料カウンセリング予約・相談
年中無休9:00~21:00

無料カウンセリング予約・相談

薄毛とは

帽子をかぶっていると薄毛になる?

帽子は、抜け毛・薄毛の原因になると言うウワサがあります。その理由は、「頭皮が蒸れてしまうから」。思わず納得してしまいそうになりますが、本当にそうなのでしょうか?

帽子が薄毛・抜け毛の原因になる理由

結論から先に言ってしまうと、「半分はホントで、半分はウソ」。帽子は抜け毛の原因になることもありますが、逆に髪を守ってくれることもあるのです。以下で詳しく説明していきます。帽子が髪や頭皮に悪影響を与える理由は、次の3通りが考えられます。

◎蒸れて衛生状態が悪くなる
頭皮の周辺が蒸れていると皮脂が多く分泌され、雑菌が繁殖しやすい環境になってしまいます。また、「脂漏性湿疹」という皮膚炎を招き、抜け毛に繋がってしまうこともあります。頭皮の環境を健全に保つため、次のことに気をつけましょう。
・帽子を長時間かぶったままにしない
・室内ではできるだけ帽子を脱ぐ
夏場にかぶる際は、できるだけ空気を通す素材の帽子にする

◎締め付けられて頭皮の血行が悪くなる
締め付けのきつい帽子は、頭皮の血行に悪影響を及ぼします。血行の悪化はそのまま頭皮や髪の健康状態悪化に繋がりますから、帽子の締め付けには注意が必要です。血行不良が気になる場合は、帽子を脱いだあとに頭皮をマッサージするといいでしょう。

◎こすれて髪を傷める
帽子を頻繁に動かしたり、締め付けの強いものをかぶったりすると、髪や毛根に負担がかかります。抜け毛の原因になってしまうため、気をつけましょう。

帽子は適切に使えば髪や頭皮を守ってくれる!

帽子は、適切なタイミングでかぶればむしろ髪や頭皮にとっていい働きをします。たとえば、紫外線は頭皮にダメージを与える存在ですから、日差しの強い日などはむしろ帽子をかぶった方がいいでしょう。通気性のいいものが理想です。

また、寒さや乾燥は育毛の大敵です。寒い日、乾燥している日は、保温・保湿のために帽子を活用すると効果的です。ただし、あくまでも帽子の役割は「保護」。発毛・育毛を促進するほどの役割は期待できないので、薄毛が気になる人はAGA治療も視野に入れましょう。

帽子は適切に使えば髪や頭皮を守ってくれる!

帽子は、適切なタイミングでかぶればむしろ髪や頭皮にとっていい働きをします。たとえば、紫外線は頭皮にダメージを与える存在ですから、日差しの強い日などはむしろ帽子をかぶった方がいいでしょう。通気性のいいものが理想です。

また、寒さや乾燥は育毛の大敵です。寒い日、乾燥している日は、保温・保湿のために帽子を活用すると効果的です。ただし、あくまでも帽子の役割は「保護」。発毛・育毛を促進するほどの役割は期待できないので、薄毛が気になる人はAGA治療も視野に入れましょう。

ヘルメットには要注意!

ヘルメットは帽子と違い、安全のためにかぶるもの。自分の好きなタイミングで付け外しすることができません。蒸れて雑菌が増えるリスクが帽子よりも高いと言えるでしょう。外せるタイミングではできるだけ外し、こまめに除菌スプレーを振りかけるなどの意識付けが必要です。

 

 

無料カウンセリング予約・相談