無料カウンセリング予約・相談
年中無休9:00~21:00

無料カウンセリング予約・相談

発毛とは

ニセモノ治療に注意

薄毛治療薬について

男性型脱毛症は、現在中高年代の男性だけでなく、20代という若年層で発症する場合もあり、今や抜け毛の悩みは全世代に波及しています。
抜け毛予防・育毛という需要が拡大したことから、多くの企業が抜け毛や予防方法について研究を重ねていくようになりました。その甲斐もあり、現在では抜け毛の原因は特定されつつあります。
原因はケースによって異なりますが、おおよそが遺伝、生活習慣や偏食、そして頭の洗い方、ストレスによるものです。
また、毛が抜けてしまうメカニズムについても解明されているため、効果的な薄毛治療薬も開発されました。
したがって現在では、薄毛に悩む患者さんに関しては病院において、薬を処方するのが一般的になっています。

フィナステリドの効果と価格

全く同じ効果は欲しいけれども、治療費の問題から、薄毛の方の中にはプロペシアのジェネリック医薬品を使用する傾向にあります。
ジェネリック医薬品とは、含有されている成分は正規品と同じで、また正規品と同様の効果を得られる医薬品のことを言います。
ジェネリックの特徴としては、やはりその安さが大きな魅力であると言えるでしょう。
正規品と比較して値段が半額程度にまで抑えられていることも多いため、単純計算でかかってしまう費用も半額に抑えられます。そのため、まずはジェネリックで試してみる、という方も増えてきているのです。

偽物も出回っているため要注意

より安価で手軽な海外からの個人輸入が昨今増加しています。個人輸入を代行してくれる業者もあり、通販サイトと同様に購入したい商品を選んでクレジットカードで決済するだけの簡単な手順で海外の薬を手に入れることができます。
価格に加えその便利さが人気となっているようですが、その反面、入手した薬によるトラブルが問題視されています。いくら業者だからといっても、個人輸入は一個人が購入したという形になるので、自己責任でその薬の使用をしなければなりません。
ここで何よりも重要なことは、偽物も出回っているということです。なかには効果の薄い物や、全く効果が得られないようなまがい物、また最悪のケースだと薄毛の改善どころか、健康にまで被害を及ぼしてしまう成分が含まれていることもありますので、信用し過ぎるのは非常に危険です。
偽物かどうかは、見た目だけでは判別がつきにくいので、やはり薬を使用して薄毛を治そうと思うのであれば、医師が処方してくれる正規品を使用するべきです。
健康被害が出てからでは遅いですし、輸入品の効果の薄い薬で治療を続けば逆に治療費が高くつき本末転倒なので、まずは発毛専門クリニックへご相談ください。

無料カウンセリング予約・相談